背中のための体操Bubnovsky - クラスの恩恵と家庭での練習の例

セルゲイBubnovsky - 彼自身のメリットを、そして自分自身の唯一の毎日の仕事が勝利につながることができます - 博士は、痛みや自分の弱点を克服し、その人の健康状態の例で証明するために長い道のりを可決しました。

強力な薬は痛みを和らげるが、原因を削除しないでください。

「敵を」ファイトその「顔」を知っている必要があります。

そして、この場合には、バックのための特別な練習はBubnovskayaは彼の技術に取り組んで、センターへのすべての訪問者を確認することができた、優れた長期結果を提供します。

運動 - それは生命の基礎と最も厳しい含め、椎病変の治療の有効な手段は、です。

レッスンの効果

医師Bubnovskaya技術は、包括的な方向性を持っているだけでなく、背中の痛みに役立ちますが、また、内臓の機能を正規化し、血管病態を軽減、身体の防御を動員します。

これ - 原理運動療法(運動によって処理)に基づいて、種々の疾患を治療する普遍的な方法。

復元された循環および栄養供給の病変部、筋肉のけいれんが消え、組織が腫れ、椎骨の部分が正常な位置に戻る。

物理的な練習をマスターすることに加えて、患者は適切な呼吸法を学びます。筋肉の緊張の瞬間に深呼吸した後、鋭い呼気があり、音 "ha"がある。

したがって、解放された空気と共に人は、病気や否定的な感情を「捨てる」ように見える。体内の新しい呼吸には、健康と自信の一部が含まれています。

背中の筋肉を強化するための動きの複雑さは、それぞれの場合に個別に選択されます。初心者のために、練習は技術的にシンプルですが、それでも主要なことを達成することができます。

これらのクラスは徐々に、より複雑な組み合わせを含み、手動治療、水処置、ハーブ療法などの手続きを並行して行います。

したがって、患者は不快な症状を取り除くだけでなく、調和の取れた精神と体を見つけることができます。

訓練は同時に複数の筋肉群に向けられ、背筋は倹約的な「間接的な」負荷を受ける。ストレングスエクササイズはストレッチとリラックスと組み合わせています。

Bubnovskyでガムを使った運動は自宅で行うことができます。誰もが購入できる特別なエキスパンダーを完全に置き換えます。

壁についたフックだけでなく、手作りの器具の端に取り付けられた2つのハンドルが必要です。 1つのハンドルのために、男は保持し、もう1つは壁についています。

このような運動のおかげで、柔らかい牽引(伸張)および強化効果が達成される。

演習の例

演習を行う前に、部屋を換気する必要があります。動きはさまざまな位置で行われますが、最も最適なのは、寝て座っている位置です(椎骨への圧力が減少します)。

服は自然な生地で作られた自由な運動を制限するものではなく、自由に選ぶ方が良いです。

  • I.P. - 椅子や脚の上に座って、壁に向かって少しずつ離れて、片方の手は彼の前に弾性バンドを保持する。手を自分の側に持ち、抵抗感を感じ、それを元に戻し、再び弾力を引いて、すでに肘を曲げ、手のひらを顎に持ってきて、に手を戻す。 n、あなたの頭の上にストレートアームを上げてください。この組み合わせを3〜5回繰り返して手を変えます。

  • I.p。 - 前のものに似ていますが、ゴムバンドは2番目にすべきです。ラバーバンドを胸に引っ張り、肘を曲げて背中の最大振幅で巻きつけ、両手を背中の背中に平行に保ちます。反復は、初期段階で5〜7回行うことができる。
  • I. n - 背中に横たわって、膝の中の脚が曲がって、頭の後ろの "ロック"に手を当てます。頭と肩のガードルだけを持ち上げて、肘を両側で「見て」、前に突っ込んではいけないようにしてください。 8-10回繰り返す。
  • スタンピングは同じですが、腕をトランクに沿ってまっすぐにし、手のひらを床に向けます。あなたは足を前方に滑らせ、それをまっすぐにして、かかとで床に触れさせて戻し、できるだけ臀部にできるだけ近づけてください。一方と他方の足を交互に5〜7回行う。
  • ステッチは前のステッチに似ていますが、膝に曲げられた脚は離れています。片方の脚の内側の膝を内側に下げ、敷物の表面に触れようとし、他方の足で動きを繰り返す。組み合わせを5〜7回実行します。

あなたの足と手を引っ張るために最善を尽くす必要はありません - 動きは、可能な振幅で、かゆみなしに、スムーズに、均等に実行されます。主なことは、テクニックに従い、練習を正しく行うことです。

したがって、開発段階では、トレーナーが近くに存在する必要があります。各患者について、複合体は、その生物の生理学的特徴および疾患の重篤度を考慮して、厳密に個別に選択される。

Loading...